宗教

Written by tomato

私はとある宗教の信者である。いわゆる新興宗教(っていっても結構古いが)なのだが、なぜ信者なのかというと親が信者だったからなのである。キリスト教とかイラスム教みたいなもので、物心ついたら入信していたわけで、自分が一念発起したわけではない。

日本人の場合、自分から「宗教信者です」というのは、外来宗教(まあ仏教もそうだけど)を除いて、自分が目覚めて入信した場合だけだろう。我が家は何々宗です、という程度では信者だと自分では思っていないのだ。古い宗教では僧侶と一般信者はまったく違うのだが、新興宗教ではその区別が難しい。新興宗教の信者は、ある意味全員が「僧侶」である。つまり、あえてその信仰に身を投じた者ばかりなのだ。

そして、その行動は結構過激である。過激に走らない人は、既存宗教でのんびりしていればいいわけで、新興宗教に自分で入信するというのは何かアレな理由があるからなのである。で、私の場合そんな情熱とか思考なんかまったくないのに、気が付いたら入信していたのだった。

子供の頃は、似たような連中(子供)もいたので愚痴をこぼしあったものである。大人とか、高校生くらいで自分で入信してくる人たちの思考方法が理解できなかった。人や世界を救うとか、そういう情熱が全然ないのだから当然である。親が入信してなかったら、私は間違いなく唯物論者になったはずだ。そのくらい宗教とか神とかを信じない、というよりは関心がない性格である。

我々そういう新興宗教信者の子供(二世という)たちについては、論文を書けるくらい言いたいことがあるのだがそれは置いといて、今回はそのまま大人になってしまった私から観た信者の人たちについてである。いや、その前に私みたいなのが大人になった場合についてだが、要するに「不良信者」になる。

戒律みたいなのは、最低限こなす。学校で言えば、必要出席日数ぎりぎりしか登校せず、テストもC評価ぎりぎりの点数しかとらないようなものである。それでいて、退学したり騒ぎを起こしたりすることもなく、ただ漠然と存在している。枯れ木も山のにぎやかし、というイメージだ。でも、これって結構きついのだ。特にうちはご献金が厳しくてねえ。

で、熱心な信者の人たち(自分で燃えて入信)は、そういう私みたいなのが理解できずにあれこれ世話をやこうとするのだった。私なんか特に、親が結構偉くなってしまったために大変である。もう死んだのに「お母様も望んでいらっしゃいますよ!」などと言われてもキレるだけだ。あの親のせいでどれだけ迷惑したと思っているのだ。それが死んでからも続くのだ。

アルファード買取web|相場より高く売る方法を伝授!

Comments are closed.