マツダのアクセラ

Written by tomato

11月に入って、寒さが一段と増してきた。と思えば、一転暖かい日もあって、最近の天候は本当におかしいと思う。そんな天候のせいか、体調すぐれず・・・。風邪かしら?

そんな天候はさておいて、マツダのアクセラがフルモデルチェンジ。さっそくチェックしてみた。

アクセラの前身はファミリア。あたしが高校のころは”赤のファミリア”なんてキャッチフレーズで当時のサーファーたちの間では大人気。あたしの友人は高校卒業後、ファミリアを購入してあたしに自慢しに来たっけ。そんなファミリアも立派になったもんだ。堂々たる3ナンバーボディと質感。カローラや、ラティオのライバルと言うには立派になりすぎな感がある。まあ、そうは言っても、世界相手のアクセラだから仕方ないのかしらね~?

まずはエクステリア。堂々としたかっこいいデザイン。このデザインはアテンザの流れなんだけれど、小さくなってギューと凝縮されてアテンザよりよく見える。5ドアハッチバックと、セダンの2ボディだけれど、あたしはセダンの方がよく見える。


派手めなキャラクターラインがアクセントになってなかなかイケてるじゃん?って思う。逆に5ドアはこのフロントマスクとあっていない気がする。リアから見たらアウディのA3のように見えるがフロントとの違和感があって、あたしはセダンの方がまとまっている思う。うん、かっこいい。

インテリア。これもイイね~。インパネのデザイン、ダッシュのまとまり、ともに絶品。インテリアデザインのため2DINサイズのナビをあきらめるほどの潔さ。ほれぼれするね~。マツダデザインはホントにすばらしい。文句なし。

走り。シャシーは乗ってみないとわからないけど、ポイントはエンジン。レシプロ、ディーゼル、ハイブリッドの3つを用意してきた。
あたしゃ、ディーゼルがおすすめなんだけれど、お値段がぐーんと上がる。
なので、お値段と燃費の両立ってことでハイブリッドがいいと思う。このシステムはトヨタのコンポーネントにマツダのエンジンを組み合わせたものなんだけれど、エンジンの気持ちよさはトヨタよりマツダの方が上だから、きっと気持ちいいと思う。

さて、お主買いですか?って聞かれたら、買いです!って答える。このクラスのライバルはみんなデザインに力がないし、プリウスに流れちゃう。そこに待った!を掛ける車だと思うね~。
ただ気になるのは、クラスレスの考え方だよね。
最近の車は、みんなデカい。幅は1700mmを超えるのは当たり前。5ナンバーサイズの車なんてほとんど皆無。大きくなればかっこいいデザインは出来るけど、小さくたってよいデザインはいっぱいある。フィアット500などはその最たる例なんだけれど、そういうところをマツダには目指してもらいたいな~って個人的には思う。ホンダは、その辺をうまーくやってるけど。ほかのメーカーはどうも日本より世界に目が行き過ぎ。それは企業だからしょうがないことだとは思うけど、心情的にはどうかな・・・って。

そうは言いつつも、アクセラ売れてほしいね~。ストップ、プリウスって感じかな?(笑)

友達はアイシスを売ってアクセラを買うらしい(笑)

この方法で売ったら高くで売れるらしいよ⇒アイシス買取web

Comments are closed.