物価上昇

Written by tomato

パンが値上がりしていたのだった。スーパーやコンビニで売っているビニール入りのパンも、どうも10円くらい上がっていたような気がするのだが、そういうのはいっしょに買う他のものとの合計に紛れてしまって実感がない。しかし、私の行きつけの本物のパン屋が値上げしたとなると別である。

そのパン屋は、スーパーマーケットの中にあって自分のところで焼いた出来立てのパンを売るのであるが、やはり美味いのである。前は10個で300円のミニクロワッサンに凝っていたのだが、今はチョココッペパンとかカレーパンとかが好みである。ま、結構高いのだが美味いからよしということで。しかも、当然ながら私の場合、正価で買うことはめったにない。

午後6時くらいを目処に、その店は売れ残ったパンを2割値下げするのである。午後7時になると3割。そして、それでも売れないと半額になる。半額になる時刻は決まっていないので、3割引きか半額かは運次第である。あまり遅く行くと、目的のパンが売り切れている可能性もあるし。

というわけで、私は行きつけのパン屋とはいいながら、ほとんど正価で買ったことがなく、従って値上げには気が付かなかったのだった。それが、先日行ってみると品揃えが変わっていた。単に値上げしたのではなく、製品そのものを変えてしまったらしい。私の好物だったチョココッペパンは消え、かわりに食パンにチョコレートを塗ったようなのになっていた。

そして、値引き対称ではないミニクロワッサンは、なんと10個で380円になっていた。凄い値上げである。一挙にそこまでいくのかなあ。小麦って、そんなに上がったっけ? まあ、そういうわけで私はいくつかチョイスして(クロワッサンはなし)帰って食ったのだが……イマイチであった。

美味かったパン屋も屈したのかと思ったが、本日行ってみたらチョココッぺが復活していたのである。やはり、あの食パンは駄目だったのだろう。そうやって製品というのは淘汰されていくのだなあ。というわけで、私は珍しく正価で買ったのであった。夜まで待つ気にはなれなかったし、大体節約しても数十円だしな。

しかしパン屋も値上げしたということは、他のすべての食い物が上がっている可能性がある。イモのサラダが上がっていることには前から気付いていたが、あとはよく判らないのが正直なところである。というのは私は大抵、夜の売れ残り一掃セール中に買うからなのである。こないだなんか、売れ残ったパックメロン(正価は298円)が30円になっていたもんなあ。もちろん、3つ買った。

Comments are closed.