人工知能

Written by tomato

人間の知能にすることができる事故、学習、自己啓発などをコンピュータができるようにする方法を研究しているコンピュータ工学情報技術の一分野として、コンピュータが人間の知能的な行動を模倣することができるようにすることを人工知能と述べている。

また、人工知能は、それ自体で存在するのではなく、コンピュータ科学の他の分野と直接または間接的に多くの関連を結んでいる。 特に現代では、情報技術の多くの分野で、人工知能の要素を導入し、その分野の問題を解くに活用しようとする試みが非常に活発に行われている。

①自然言語処理(natural language processing)の分野では、すでに自動翻訳のようなシステムを実用化し、特に研究が更に進むと、人がコンピュータと対話し、情報を交換することができますので、コンピュータの使用に革新的な変化が来るようになるだろう。

②エキスパートシステム(expert system)の分野では、コンピュータが現在の人間がしているいくつかの専門的な作業に(医師の診断、鉱物の埋蔵量評価、 化合物の構造推定、損害賠償保険料の判定など)を代わりにすることができるようにするある。 多くの分野の中でも最も早く発展した。

③コンピュータがTVカメラを使用して取った映像を解析して、それが何なのかを知っているか、または、人の声を聞いて、それを文章に変換することなどのことは非常に複雑であり、人工知能的な理論の導入なしには不可能である。 これらの映像と音声認識は、文字認識、 ロボット工学などの重要な技術である。

④理論を証明(theorem proving)は、数学的な整理を既に知られている事実から論理的に推論して証明する過程として、人工知能のさまざまな分野で使用される不可欠な技術であり、それ自体でも多くの価値を持っている。

⑤ニューラルネットワーク(neural net)は、比較的近年に登場したものであって、数学的論理学ではなく、、人間の脳を模倣して多くの簡単なハンドラのネットワークで構成されたニューラルネットワークの構造を想定するものである。

Comments are closed.