新車がいいのはわかります

Written by tomato

そりゃあ、新車がいいのはわかります。が、

当方が若いころ(というか、免許取りたての頃)は、圧倒的に購入は中古車、

しかも、大体50万から100万くらいの2年車検付き、5年落ちくらいの車。

新車が売れないのは、中古車の回転が悪いからかもしれませんが、多分、以前ほどは「車検のたびに車を変えた」とか「5年目の2回めの車検の時に、車を手放した」とかが無いから、中古の回転が悪くて(もう2年乗ろうか・・・とか)、なかなか車の値段帯が下がらないとか、

あと、やはり今の車は装備の面昔よりは値段が上がっているのも事実、

昔はABSやエアバックはおろか、ヘタするとエアコンも付いていない車も多数、
異論もあるかもしれませんが、今は結構日本の程度の良い中古車が海外にも流れているので、中古の良い頭数が少ないのかもしれませんね、

中古車の価格を知らない人はこのサイトで見てみてください!

新車を変えるのは、仕事が安定したり、最初の車からの乗り換えとか、やはり20代後半くらいがターゲットだと思いますけどね~。

でも、今の中古車を見ていると、10年落ちとかの軽自動車でも50万とか値が付いているし、中古がすげー高く感じる。

高い買い物だけど、これ!という車もそうですが、イマイチ新車の購入層と、中古車の購入層のバランスが悪いのかもしれませんね、

会社ではプリウスがありますけど、ハイテックで面白い車ですが、いかせん値段がねえ・・・。

昔は安い車の選択肢は色々とありましたが、今は殆どが標準装備だから、全体的な値段は高いかもしれませんね(昔はエアコンレス、ミラーなんて手動、手動ウィンドウに(ハンドル式の)、キーレスはおろか、集中ドアロックなんて無いなんてザラだったしね、とはいえ、快適装備のない車なんて作ったら、ネットや評論家からボロクソに言われるんでしょうけど、そこが問題かもしれませんね・・・。

Comments are closed.